iTSUMO いつも|認知症の方の徘徊対策|あきらめない介護(動画)

動画を見る -Video-
iTSUMO(いつも)関連商品紹介ムービー


私たちがiTSUMOに込めた想い

2025年 認知症患者1300万人時代へ 先日のNHK特集の中でそんなデータが出ておりました。
いろんな認知症介護の中で、比較的早期に出現し、介護疲れが起こりやすい周辺症状それが「徘徊」です。 しかし、この「徘徊」を止めることは、
さらに認知症を悪化させてしまうため、
対応が非常に難しいのです。 このプロモーションビデオは、認知症の介護をされているご家族に「あと少しがんばれる そして あきらめない」と
思っていただけるよう作成いたしました。
現実に介護されている方々は、本当に大変な日々を送っておられます。しかし、今やめてしまえばきっと後から後悔します。 在宅での生活は、
やはりご本人が望んでおられることが多いように思います。
「あと少しがんばれる そして あきらめない」この思いをチームが共有し、ご家族を支えていくことが専門職の仕事だと感じます。
また、現在、直接介護に携わっておられなくても、
近い将来必要となる方がたくさんおられる時代です。 このプロモーションビデオが、できるだけ多くの方にご覧いただき、
あきらめないケアの推進に繋がればと考えています。

かんたんGPS+専用ケース「iTSUMO」のサービス

iTSUMOは徘徊傾向をお持ちの方をサポートする福祉用具でもあります。
普段履きの靴に取り付けることで、外出時の位置情報をキャッチします。