月別アーカイブ: 2020年4月

特養について

その昔、特養(特別養護老人ホーム)と書いて「姥捨て山」と読む。みたいな時期がありました。私が初めて就職した当時もそんな空気が残る時期でした。それから「開かれた施設」を目指し、地域になくてはならない場所として市民権を得るのにかなりの時間がかかったと思います(一部の地域ではまだまだ地域と隔絶しているようです)

 さて、特養って何か?意外と知られていないので、簡単にご説明すると、介護保険で利用できる入所施設です。ただし、入所要件もどんどん厳しくなったり、利用料金も自費部分が増えたり、またしても財政難の影響がそこら中に出ております。

 特養に入るには施設に直接申し込むのですが、注意しないといけないことは地域密着型という名前がついている施設は、ご本人の住所地にある施設しか選べません。

 無事入所できると、専用のお部屋(最近は個室が多い)で食事・入浴・排泄・レクリエーションなどを介護サービス付きで24時間受けることができます。

 病気になったら・・・施設内には嘱託の場合が多いですが医師がおり、その指示に従って看護師が処置を行ってくれます。それでも治らない場合、施設の送迎で病院へ受診します。緊急時は救急車なんてこともあり得ます。

 いつまで入所できるのかというと、入院しなければいけない状態でなければ、終身ご利用できます。施設で亡くなられるケースも一時期減りましたが、また最近増えてきているようです。

 よく聞く質問で、入所の順番は早く申し込んだ順番でしょ?と。違います。入所者を選定するには専門の委員会を開催し、全申込者の情報を数値化し、点数の高い方(お困り度合いの大きい方)から順位が決まり、空きベッドが出た時に順番通りにご連絡をするという仕組みです。

 ただ、まだまだ大丈夫ではなく、気に入った施設を将来のために事前に見学しておき、申し込みできるのであれば先にしておくことをお勧めします。

ホームヘルパーについて

介護の仕事をされている人口ではおそらく一番多いのではないかというのがホームヘルパーさんです。(違ったらごめんなさい)お仕事内容は各ご自宅に訪問し、基本的にご自宅内で介護サービスを行うというもので、食事の準備・掃除・洗濯などの家事から、食事の介助・おむつの交換・入浴の介助など身体介護があります。

でも、私が一番個人的に大事な仕事だと感じるのは、各ご自宅を訪問してくださることなんです。まず、定期的な安否確認になることはもちろん、ご利用者にとってはとても訪問を楽しみに待っておられます。また、ご家族が同居の場合は家事援助ができないことになってしまいましたが、ご家族のケアも本当はすごく大切なことなんです。国の言い分をうがった見方をすると、家族が同居の人は家族にご飯を作ってもらってください。そして、家族が倒れるまで介護したらサービス使っていいですよって言われているように感じます。(性格悪いですかね)

 私は、デイサービスや特養・グループホームなど迎え入れるサービスの提供ばかり携わってきましたが、やはりご家族にどうかかわり、どれだけ負担にならないように介護に参画(継続)してもらえるかを常に考えていました。ご家族がキーパーソンであることは明白で、そのサポートを介護保険でできるようにもどればいいなあと思います。

福祉用具について

介護保険制度の中で異色の存在が福祉用具です。介護保険制度中唯一価格の決定権が事業者にあり、選定の決定権が自治体にあるということから、地域差がすごく大きく出るサービスになっています。ただ、この部分が少し事情が変わりつつあり、介護保険の財政難と、一部業者が不当に高額請求をしていた事実があり、平均価格や上限価格が設定されるようになりました。

 福祉用具でよく知られているのは車いすやベッドでしょうか。ポータブルトイレやおむつなんかも福祉用具になります。ただ、介護保険制度上では、繰り返しの使用(利用者が変わっても)ができるものはレンタル、繰り返しが難しいものは販売、それ以外の消耗品などは介護保険適用外と規定されています。ですので、福祉用具はすべて介護保険で というわけではないのです。なんかややこしいでしょう?そこで、福祉用具の専門家がおり、ご利用者に合わせてチョイスする。それが福祉用具店さんです。

 ちなみにiTSUMOは福祉用具では徘徊感知機器というジャンルになり、レンタルの対象です。お使いのご希望があれば、ご家族とケアマネジャーさんとお近くの福祉用具店さんがご相談されて、取り付け・説明・サポートを福祉用具店さんがしてくれます。  むかし、あなたのまちの電気屋さんってCMがありましたが(知らない?)福祉用具店さんはそんなイメージで、家で介護をされるときには、お付き合いされるとなにかと助かりますよ!

GPSについて

Global Positioning System これがGPSの正式名称です。わたしもこの仕事をするまで知りませんでしたし、アメリカの仕組みを借りているということも知りませんでした。

 本年から導入される「みちびき」は日本製だそうです。(iTSUMOも本年度の機種からいよいよ導入だそうです)

 知っているようで知らないGPSですが、得意不得意があります。得意なことは全地球測位システムという日本語訳が示すように、地球のどこにいても居場所がわかります。

 不得意なことは、宇宙からの電波であるので、空が見えない状況では届きません。また、受信した情報をどこかに送る場合、別の電波ネットワークが必要です。(わかりやすく言うと、家の中など建物の中では位置がわからず、山深い地域などでは電波ネットワークがないので受信した情報を送ることができません)iTSUMOはGPSとドコモの電波ネットワークを併用していますので、例えば、建物の中におられる場合、GPSは届きませんが、ドコモの電波ネットワークで位置の補正を行います。また、山深い地域などはドコモの電波ネットワークでも圏外のエリアがあり、その場合は位置が探せないことになります。ただし、電波エリアに入れば位置を再び検索することができます。

iTSUMOについて

iTSUMO(いつも)は約5年前に誕生しました。当時から高齢者の徘徊は大きな社会問題になりつつあり、私は解決策には靴に取り付けるGPSしかない!と考えていました。

 とはいうものの、そんなものを開発できるわけもなく、当時のGPSは大きな物で、とてもじゃないですが靴に取り付けることができるサイズではありませんでした。

 そんな中、NTTドコモが児童の誘拐防止対策用にとGPS端末を発表しました。これがiTSUMOの原型です。すぐにNTTドコモに連絡し趣旨を伝えました。その結果、全面協力していただけることになり、追加機能(徘徊の方に使用できるような)もできました。

 さて、いよいよ実機でテストとなり、約1年 いろんなパターンを試し、エラーの連続で気が滅入りそうになりながら、機器の理解を深めていきました。

 また、iTSUMOも当初は靴底での使用を想定していました。でも、実験すればするほど故障が発生し、現在の靴の甲に取り付ける方法に落ち着きました。結果、初期費用無しでご利用いただけるようになりました。

 同時に、介護保険で利用していただける仕組みにするため、多くのハードルをクリアしいよいよ準備万端!お客様にお届けすることができました。

 しかし、当時はまだ市場に同様の機器はなく、現場からは冷たい視線が・・・。

 取り扱っていただける福祉用具店もみつからず、やむなく自分たちで事業所番号も取得し「アーバン福祉用具」としてスタートしました。

 今では全国でたくさんの福祉用具店が取り扱っていただけるようになり、事業所名も福祉用具がついているとややこしいので「アーバンテック」に変更しました。

 名称は変更しましたが、その理念は当時から変わらず「徘徊もiTSUMOつければ散歩かな」というキャッチフレーズのように、認知症の方も自由に散歩できる社会を目指しています。