認知症の徘徊見守りGPSのご利用事例66

★大阪府C様 男性90代 要介護2
◎介護保険適用
見守り体制:お孫さま
GPSの取り付け位置:革靴(ローファータイプ)

朝から夕方まで自宅で一人過ごしている(デイサービスは断固拒否)されています。
ご飯は朝・昼・晩と同市内の親族のどなたかが交代でご飯の用意をしに行かれています。
「そろそろ家に帰らなあかん」と自宅にいても、ひっきりなしに何回も言うようになり、
昼間は自宅で寝ているが、夜中になると外に散歩し、警察に何度も保護されるようになり、
心配になったお孫さんがiTSUMOを依頼されました。

お孫さんの希望は
1.夜中でも出かけたら知らせて欲しい
2.日中は自分も仕事をしているし、本人も寝ている事がほとんどなので、お知らせしてほしくない

ということでした。

ですので、振動感知設定を勧めさせていただきました。
お孫さんが仕事後、本人の自宅へ晩ご飯を用意しに行き、帰り際、ご本人さんが自宅にいるのを確認して、振動感知設定ONにし、その後メールが来なければ振動感知設定OFF、
たまに夜中に振動感知通知メールが来るので、その時は現在の位置を探す機能で、現在地を調べて、お迎えに行っているということです。

充電もご家族の方が交代で毎日来るので、その時に充電。

今のところは、それでうまく使えていますとご連絡をいただいております。

認知症で徘徊の見守りでitsumoのGPSをご利用のおじいちゃんのイラスト