認知症の徘徊対策!介護保険適用!iTSUMOのご利用事例9

★大阪府 T様 女性 要介護3
◎介護保険適用
相談者:ケアマネジャー様

ご利用者の家が、昔の大きな家なので玄関と裏口があり、その時の気分で、どちらから出るかが分からない。靴に付けるというアイデアはとても良いと思うが、同じ靴を履いて出るとは限らず、導入が難しいと相談をしました。

メーカーの方に一度市役所に相談されてはと言われたので早速市役所に相談すると、車いすの2台目のように、2つ借りるようにしてはどうかとアドバイスをいただきました。
ご家族も快諾を得ましたので、玄関、裏口の両方に1足ずつ靴を置き、様子を見てみたところ上手く機能しています。
この方は玄関から出ると戻れないので、振動感知機能を利用し、靴を履いた振動ですぐに連絡が入るように設定していただきました。

※画像はイメージです。