取扱店一覧はこちら メールでのお問合せはこちら
アーバン警備保障マスコットキャラ
iTSUMO2ログイン画面へ

認知症の徘徊GPS iTSUMOの通信方法について - 認知症の徘徊対策GPS「iTSUMO(いつも)」|介護保険適用


iTSUMO(いつも)の通信方法について

認知症の徘徊GPS iTSUMOは普通のGPSとは検索された位置情報の通信方法が少し異なります。このページではiTSUMOの位置情報の通信方法についてご案内させていただきます。

NTTドコモのロゴと人工衛星が周回する地球のイラスト

NTTドコモのLTE回線とGPS通信を併用していますので、屋内でも位置情報が取得できます。

認知症徘徊の見守りGPS iTSUMOが位置情報を取得する仕組み

GPSというと「地球上のどこにいても位置情報がわかる」そんなイメージがないでしょうか?
そもそもGPSというのはアメリカ製の測位衛星の名称で、その他の国が使用している衛星もたくさんあります。日本が打ち上げている「みちびき」もその一つです。
iTSUMOはアメリカの「GPS」だけでなく、ロシアの「グロナス」EUの「ガリレオ」中国の「BeiDou」そして日本の「みちびき」と約80機の人工衛星から位置情報を取得する仕組みになっています。
しかし、苦手な場所はあり、ずばり「空が見えない場所」です。地下街・お店の中・そして自宅など家の中です。
GPSだけで位置情報を取得するとそういう場所ではエラーになってしまいます。

そこで、iTSUMOはNTTドコモの4G(LTE)電波で位置補正を行う仕組みになっています。
つまり、家の中などGPSが届かない状況でも、NTTドコモの電波が届けば、だいたいの位置はわかる(GPSほどの精度はありませんが)というものです。

日本地図のイラスト

NTTドコモのLTE回線は日本人口カバー率99%以上と言われています。

認知症徘徊の見守りGPS iTSUMOの位置情報を送信する仕組み

次に、iTSUMOが取得した情報をご家族などに送信する仕組みですが、これもNTTドコモの4G(LTE)回線を利用しています。つまり、この電波が圏外の地域ではiTSUMOからの情報を得ることができない(使えない)という事になります。
例えば、山奥など、GPSの情報は空が見えれば取得できるのですが、その情報を送信する電波が圏外のため送れず、結果として位置情報が取得できないという事になります。

ただ、NTTドコモの4G(LTE)ネットワークは日本の人口カバー率99%以上と言われており、日本では最も広範囲の電波ネットワークですので、通常の使用に関しては問題ありません。

GPS以外の通信方法について

最近は新しい通信方式がどんどん生まれてきており、Wifi・Bluetoothなど聞かれたり、実際に利用されている方も多いのではないでしょうか。
iTSUMOはこれらには対応していません。

その理由は、いろんなものに対応させるには本体サイズが大きくなってしまうという事、そしてそれらの通信は到達距離が短いという事です。

iTSUMOご利用者は郊外にお住いの方も多く、Bluetoothで通信ができる距離(見通し数十メートルといわれます)では徘徊の捜索には十分に機能しない可能性が高いと言えます。

今後、技術が発達すれば、さらに小さく、電池の持ちもよく、広範囲で通信が可能なものが生まれる可能性はあります。
その時には、きっとiTSUMOの後継機として最新技術を積んだ端末をお届けできると考えています。

Wi-fiとBluetoothのマーク
iTSUMO(いつも)のロボットキャラクター

認知症徘徊の見守りを目的としたiTSUMOとその他の通信の比較

iTSUMOの通信方法と通常のGPS、Wifi・Bluetoothなどの通信方法を比較してまとめてみました。内容は以下の通りとなります。

iTSUMOのGPS

日本の人口カバー率99%のNTTドコモのLTE回線とGPSを併用している近距離や遠距離、屋内や屋外を問わず位置情報を取得できるため認知症の高齢者の徘徊の見守りには最適です。
※精度では通常のGPSよりやや低いです。

通常のGPS

TSUMOのGPSよりも精度は高いですが、屋内や地下街などでは位置情報が取得できません。

Wifi・Bluetooth

環境下で電波の繋がる距離が最大で60メートルくらいのため、広範囲になると検知できないというデメリットがあるため、認知症で徘徊されている方の位置情報を取得するのは難しいです。屋内や狭い範囲での紛失物などを探すのには良いかもしれません。

SIM

SIMカード(携帯電話に埋め込まれているあの小さいICカードです)を利用して位置情報を取得します。iTSUMOにも入っているのですが、携帯電話の電波が届くところなら大まかな位置情報を取得できますが、SIMカード自体が海外製のものが使われている海外製のものが使われている場合などは、信頼性がやや低いと言われています。

UWB(Ultra Wide Band)

近距離高速ワイヤレス通信を目的としているので広範囲での位置検索には向いていないように思われます。、障害物による影響が少ないことが特徴のようですので、屋内や狭い範囲での紛失物などを探すのには最適かもしれません。


認知症の方の徘徊対策・GPSで居場所がわかるサービス iTSUMOのことならアーバンテックまで
お気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせはフリーダイアル
フリーダイアル0120-126-178
FAX:0744-23-1270
受付時間:月~金の9:00から17:00まで(土日祝休)